MENU

トリニティーラインとコンシダーマルを徹底比較!

トリニティーライン,コンシダーマル

 

 

今回の比べるシリーズは、トリニティーラインとコンシダーマルのオールインワン対決です。

 

オールインワンというとゲルやクリームが主流ですが、今回はジェルクリームとローションの比較になります。

 

う〜ん、興味深いですね〜。ということで、早速比べてみましょう〜♪

 

 

 

 

 

トリニティーラインとコンシダーマルを「成分」「価格」などで徹底比較!

  トリニティーライン コンシダーマル
会社名 ドクタープログラム株式会社(大正製薬グループ) 株式会社オクターヴ22
価格 4104円+送料216円 4980円+送料600円
定期購入価格 2052円、2回目以降は3693円(送料無料) 2268円、2回目以降は4082円(送料無料)
使用目安 1ヶ月/1個 1ヶ月/1個
定期便解約 いつでも可能 3回以上の継続が条件
容量 50g 50ml
特長
  • モンドセレクション8年連続金賞受賞
  • ナノカプセル技術により肌の奥まで美容成分が浸透
  • 1つで5役!
  • 無香料無着色、エタノール不使用で肌に優しい
  • ローションタイプでべたつかない
  • 1本6役、導入液効果もあり
  • 世界初100%ラメラ構造
  • 厳選した30種類の美容成分配合
  • 美容成分200%アップ
  • 低刺激で肌に優しい

 

 

 

 

トリニティーラインとコンシダーマルを比較してわかったこと

トリニティーライン,コンシダーマル

 

 

オールインワンでローションは珍しいですよね。

 

でも、ローションタイプは保湿力が気になります。

 

現に、口コミではローションタイプは物足りない、冬場は乾燥するなどといった声もチラホラ聞こえてきます。

 

ただ、はやりオールインワンといえばジェル、ジェルといえばオールインワンというほど、オールインワンのジェルクリームは市民権を得ていますので(笑)、初めてでも安心して使いたい方はトリニティーラインが良いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

トリニティーラインの定期便は解約が簡単!

トリニティーライン,コンシダーマル

 

 

コンシダーマルの場合、いろいろな特典をゲットするためには3か月間以上継続しなければいけません。

 

しかし、トリニティーラインの場合、定期コースは1種類だけなので、いろいろ考える手間も省け、単品購入か定期コースか2択で選べるのが簡単です。

 

 

 

「しかも!トリニティーラインの場合、1回でも解約OKなので、安心して定期便を申し込めるのもいいですね! 」

 

 

 

肌に合えば、最低でも半年以上は継続使用がオススメなので、どうせならお得に買える定期便がオススメです♪

 

 

 

 

 

 

まとめ

トリニティーライン,コンシダーマル

 

 

どちらも人気の高いオールインワンですが、乾燥が気になる方はやはりローションタイプはちょっと怖いですよね?

 

もちろん、ラメラ構造で保湿力バツグンとのことなので、ジェルクリームのベタベタ感が苦手な方はローションにチャレンジしてもいいかもしれません。

 

 

 

ただ、やはり乾燥が進むとエイジングも進んでしまいますので、50代以上の女性はジェルクリームでしっかり保湿ケアされるのが良いのでは?と思います。

 

どちらも大変良い化粧品ですので、時短コスメに興味のある方は是非それぞれの公式サイトをチェックしてみて下さいね!

 

 

*トリニティーラインのキャンペーン価格はこちらから

トリニティーライン,コンシダーマル

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ